ブログネタ
気まぐれ写真 に参加中!
028

        おたまじゃくしの卵のようで気持ち悪い




036


泡の中に写っている自分を撮ろうと思ったのですが、
望遠でピンを合わせている間に消えてしまう。。
一時期バブル景気なる経済現象が起きましたが
それを彷彿させてしまう。あぶくとはよく言ったものですね




今日は、 阪神大震災発生から16年。。

早いものですね~ 
あの揺れは今でもはっきりと覚えています。
当時は、大阪に住んでいたのですが、小さかった二人の子供たち
でさえ目が覚めるくらいの、揺れでした。。
また、その後の余震も半端なモノじゃありませんでした。

TVで見た光景は、それはあまりにも凄まじく、
    あの阪神高速が・・・
    あの新幹線が・・・   と我が目を疑うほど。。
16年経った今、記憶も薄れかけてきているのですが、
この教訓は絶対生かさなければいけない。


いつ起こるか予測不能の自然の猛威には、
対応の仕様がありませんが、それでも日頃から家族間で災害時の
話をしておくなど、最低限での取り決めは必要かと思います。
ですが、過密した都会の場合、収容能力が低いため、
避難する場所が難しかったり遠かったりです
(学校は周辺で火災が発生すれば、死角になることも震災で実証済み)


「災害に強い街づくり」 
は必要で、市町村でも取り組んで来ていま

すが、防災対策は 「悲観的に準備をし
、楽観的に行動する」

のがセオリーのようです